海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 年齢で選ぶ » 小学生の留学

小学生の留学

小学生の留学の特長や低学年と高学年の長期留学の違い、エディクムの考え方などご紹介します。

小学生の留学とは?

小学生の留学とは?

子供の「やってみたい」という勇気と保護者の決断があれば、英語がまったくできなくても適切な準備と学校選択次第で、海外の初等・中等教育機関を有効に活用することは可能です。

5歳と6歳のお子さんを留学させて、親子共にとても満足しているご家族もあれば、一方、小学5年生では早すぎるという理由で祖父母から大反対を受けて子供の留学を断念したご家族もいます。 教育の選択肢が増えた分、考え方は各家庭によって異なります。

小学生の留学の特長

小学生で留学させても問題ないのですか?
一人で「生活」することができ、自分の気持ちを表現できることが最低条件となります

小学校低学年の留学で重要なことは、

  • 親元を離れても、「自分で生活ができる」こと
  • 自分の気持ちや感情を「表現できる」こと

長期留学は、起床する・着替えをする・時間通り教室に行く・自分の部屋まで帰ってくる・歯を磨く・次の日の用意をする、など「自分自身で生活をする」ことが前提です。5歳から留学することができるスイスのインターナショナルスクール(ボーディングスクール)でも、スタッフが親代わりとなって生活の様々なことを手とり足とり手伝ってくれるところはありません。

また、「うれしい・楽しい・悲しい」など自分の感情を身振り手振りでもよいので、「表現できる」ことも重要です。自分の伝えたいことを発信できることが、現地の環境へ早期に溶け込む助けになります。

小学校低学年から留学できますか?
低学年の受け入れ学校はありますが、多くの場合、長期留学をする前に、サマースクールを経験しています。
小学校低学年から行っている子はいますか?

現在、小学校の低学年から留学生を受け入れている学校は、スイスのインターナショナルスクール(ボーディングスクール)を中心に数校しかありません。各校さまざまな理由がありますが、あまりに留学開始時期が早過ぎると、子供たちの英語は上達するものの、日本語習得に問題が起こります。もし小学校低学年で長期留学に出た場合は、冬休み・夏休みは帰国させ、家族と共に過ごし、日本語のブラッシュアップに力を入れることが大切です。

小学校に通う子供たちに長期留学をさせる前に、夏休みを利用してサマースクールを経験させることを、私たちはおすすめしています。サマースクールは、家族の元を離れ、短期間一人で海外を経験し、英語に興味があるのか、団体生活になじめたか、留学が楽しいと思えたか、など子供たちの留学の適性を判断することができます。

詳しいサマースクールに関しましては、こちら。
» サマースクール

小学校低学年と高学年の長期留学の違い

低学年 高学年
留学先
(留学許可が下りる国)
スイスのみ
(他の国はビザが下りない)
スイス・アメリカ・カナダ・ニュージーランド
留学させるかの判断基準 ・海外生活に適応できるか
・一人で生活できるか
・気持ちを表現できるか
・海外生活に適応できるか
・本人が留学に興味があるか
留学のメリット ・留学先での順応が若ければ若いほど速い
・義務教育期間中であれば日本の学校に復学することも可能
英語の習得が早いので、中学・高校で高いレベルのボーディングスクールを受験できる可能性が高くなる
留学前に意識しておくこと ・子供の成熟度
・できることを把握しておく(起床・歯磨きなど)
・サマースクールなどの短期留学で適性を見る
・留学に対する姿勢を確認する
・サマースクールなどの短期留学で適性を見る
注意点 ・あまりにも若いうちに留学すると、母語を忘れてしまう
・日本人としての意識が薄くなる
留学先(留学許可が下りる国)
低学年 スイスのみ
(他の国はビザが下りない)
高学年 スイス・アメリカ・カナダ・ニュージーランド
留学させるかの判断基準
低学年 ・留学先での順応が若ければ若いほど速い
・義務教育期間中であれば日本の学校に復学することも可能
高学年 ・海外生活に適応できるか
・本人が留学に興味があるか
留学のメリット
低学年 ・海外生活に適応できるか
・一人で生活できるか
・気持ちを表現できるか
高学年 英語の習得が早いので、中学・高校で高いレベルのボーディングスクールを受験できる可能性が高くなる
留学前に意識しておくこと
低学年 ・子供の成熟度
・できることを把握しておく(起床・歯磨きなど)
・サマースクールなどの短期留学で適性を見る
高学年 ・留学に対する姿勢を確認する
・サマースクールなどの短期留学で適性を見る
注意点
低学年
高学年
・あまりにも若いうちに留学すると、母語を忘れてしまう
・日本人としての意識が薄くなる

留学例

エディクムOB・OG 7,000人以上の中から、小学生から留学したケースをご紹介いたします。

(ケース1)
留学例
8歳 小学校2年生
スイス
サマースクール 参加
9歳 小学校3年生
スイス
インターナショナルスクール 入学
留学例
10歳 小学校4年生
日本
小学校に復学
(ケース2)
留学例
10歳 小学校4年生
スイス
サマースクール 参加
11歳 小学校5年生
イギリス
サマースクール 参加
11歳 小学校5年生
スイス
ボーディングスクール 入学
留学例
13歳 中学校2年生
カナダ
ボーディングスクール 入学
(ケース3)
留学例
12歳 小学校6年生
アメリカ
ジュニアボーディングスクール 入学
15歳 中学校3年生
アメリカ
アッパーボーディングスクール 入学
留学例
18歳 高校3年生
アメリカ
卒業し、アイビーリーグの大学に進学

小学生の留学実績・体験談

エディクムの子供たちは、ボーディングスクール、サマースクール、公立校含め、さまざまな学校に留学していきました。以下に紹介していますので、ご覧ください。 » 実績を見る

エディクムには、7,000人以上のOB・OGがいます。
さらに詳しい留学中の生活につきましては、以下をご覧ください。 » 体験談

 

アメリカ アメリカ

アメリカ

留学としては、イギリスと並んで最も歴史のある国

アメリカ

スイス スイス

スイス

世界各国から子供たちが集まる。国際的で安全な環境

スイス

カナダ カナダ

カナダ

バランスの取れた教育を提供しています

カナダ

イギリス イギリス

イギリス

ボーディングスクール発祥の地です

イギリス

オーストラリア オーストラリア

オーストラリア

政府が留学生の受け入れ、サポートに力を入れています

オーストラリア

ニュージーランド ニュージーランド

ニュージーランド

高水準の教育とホームステイを提供している

ニュージーランド

留学に関するよくある質問 留学に関するよくある質問

留学に関するよくある質問

留学に関するお客様からよくお訊ね頂く質問について

留学に関するよくある質問

世界からの評価・認定 世界からの評価・認定

世界からの評価・認定

エディクムの活動や実績が認められ、世界の教育組織・団体から高い評価・認定を受けています

世界からの評価・認定
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供たち一人一人と個別にコンサルティング
» コンサルティングの流れ
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
学校訪問することで学校と子供の適性を判断しよう
» 学校訪問同行サービス
一覧へ戻る
ページの先頭へ