海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 国で選ぶ » オーストラリア

オーストラリア

オーストラリア学校情報:オーストラリアへの留学の特長やメリット、エディクムの考え方などご紹介します。

オーストラリアへの留学

親日的で国際性豊かな社会
親日的で国際性豊かな社会

オーストラリアは、多民族・多文化国家で、ユニークかつ国際性豊かな社会を形成しています。そこで生活するだけで多様な価値観を学び、グローバルな視点で考えて行動できる国際人としての感覚が身につくはずです。オーストラリア政府が留学生の受け入れ、サポートに力を入れているため、どの学校でも質の高い教育を受けることができます。

温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、治安の良いオーストラリアでは、安全かつ快適な留学生活を送ることができるでしょう。また、大自然の中で行うアウトドア活動や、マリンスポーツ等、様々なスポーツに挑戦できるのも魅力です。

オーストラリア留学のメリット・留意点

メリット
  • 11~12年生になると、スポーツや美術などの興味ある科目を専門的に学習することができる
  • ESL(英語を母国語としない第一言語としての英語)教育が充実している
留意点
  • 州による教育制度の違いや統一試験が異なるため、異なる州への転校が難しい
  • 私立校の場合、入学時に高い英語力が必要

教育制度

特長
特長

オーストラリアは6つの州に分かれており、教育はそれぞれの州の管轄下に置かれていますが、基本的にはイギリスの教育制度を参考にしています。日本の中高校に相当する中等教育機関の7割が公立校です。私立校はキリスト教系の学校が一般的です。

義務教育はYear10(高校1年)までですが、州によって就学年数が異なります。大学進学を希望する場合は、Year11(高校2年)から2年間の大学進学コースに進みます。 Year12(高校3年)終了時に修了試験を受け、その結果で進学が決まります。高等教育機関は、大学とTAFE(国立技術専門学校)の2つがあります。

大学は一般教養課程がなく、専門課程のみの3年間です。TAFEでは芸術から会計学まで実践的なコースが充実しており、就学年数はコースによって様々です。

ガーディアンシステム

ガーディアン(現地保証人)の登録を要求します。

システム

以下に代表的なオーストラリアのシステムをご紹介します。(州によって異なります。)

  • 小学校6年間、中学・高校(一貫)6年間
  • 大学進学希望者は、11、12年生に進級します。
  • 大学の多くは、一般教養課程がなく、専門課程のみの3年間です。
    TAFE(国立技術専門学校)では芸術から会計学まで実践的なコースが充実しており、コースによって就学年数が異なります。
学年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
  Primary School Junior Secondary Senior Secondary University
Primary School Junior Secondary Senior Secondary TAFE  
学期

新学期は1月末に始まり、4学期制です。
1学期(2月初旬~4月中旬)、2学期(4月末~7月上旬)、3学期(7月下旬~9月中旬)、4学期(10月初旬~12月初旬)で、学期間に2週間の休暇があります。

生活

滞在方法はホームステイが一般的です。私立校の場合、寮を備えている学校もありますが、全寮制ではありません。

入学時の注意点
英語力

私立校の多くは入学時に英語力を要求されます。英語が学校の求めるレベルに達していない場合、語学学校で3-12ヶ月程英語研修を受けなければならないこともあります。英語の補習コースを設けている学校もありますが、あくまでも補助的な位置付けです。

ビザ取得

3ヶ月以上の就学を希望する場合は、学生ビザの取得が必要です。ビザ申請書類の1つとして健康診断書の提出が求められます。

エディクムからのアドバイス

英語力により、語学学校での英語研修から留学がスタートする場合がありますので、直接、一般の学校での学生生活をスタートさせたい場合には早目に留学の準備を開始することをおすすめします。ガーディアン(現地保証人)の登録を求める学校が多くありますが、ガーディアン費用が別途かかります。

オーストラリアへの留学実績・体験談

エディクムの子供たちは、ボーディングスクール、サマースクール、公立校含め、さまざまな学校に留学していきました。以下に紹介していますので、ご覧ください。 » 実績を見る

エディクムには、7,000人以上のOB・OGがいます。
さらに詳しい留学中の生活につきましては、以下をご覧ください。 » 体験談

私立校・公立校 費用例

学校名 アデレード
公立学区
私立校
Kingsway Christian College
授業料 $11,000 $16,450
滞在費 $11,520 $12,650
強制加入医療保険 $430 $430
現地ガーディアン費用 - $5,500
制服代 $500 $500
合計: 現地費用合計 $23,450 $35,530
1ドル=83円(2012年11月現在) \1,946,350 \2,948,990
航空運賃(約) \200,000 \200,000
海外傷害保険12ヶ月(約) \150,000 \150,000
合計:1年間に必要な費用 \2,296,350 \3,298,990
 
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供たち一人一人と個別にコンサルティング
» コンサルティングの流れ
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
学校訪問することで学校と子供の適性を判断しよう
» 学校訪問同行サービス
一覧へ戻る
ページの先頭へ