海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 国で選ぶ » カナダ

カナダ

カナダ学校情報:カナダ留学の特長やメリット、エディクムの考え方などご紹介します。

カナダへの留学

ハイレベルな教育と大自然の魅力
ハイレベルな教育と大自然の魅力

カナダは、日本の面積の27倍もの広さをもつ、自然に恵まれた豊かな国です。10州と3つの準州で成り立っており、それぞれの州で、歴史も風景も住む人の気性も違い、驚くほど多彩な顔を持っています。

カナダの魅力は、なんといっても大自然です。荒々しいカナディアン・ロッキー山脈でのスキーや湖、川でのカヌー、山々でのハイキング、乗馬など、アウトドア・アクティビティが盛んです。自然だけではなく、教育面でも高い水準を誇っており、学習、スポーツ、芸術面とバランスの取れた教育を提供しています。

カナダ留学のメリット・留意点

メリット
  • 私立校、公立校共に良質な教育を受けることができる
  • 多民族国家のリーダーであり、都市部では、多種多様な人種の人が住み、共存している
留意点
  • 州によって教育システムや制度が異なるため、州をまたいでの転校が難しい場合がある
  • ボーディングスクールの数が少ない

教育制度

特長
特長

カナダ人の90%以上は、公立中学・高校に通っています。公立校に留学する場合は、まず留学希望エリアを決め、そのエリアにあるスクール・ディストリト(学校区)に願書を提出します。留学生を受け入れる体制が整っているディストリクトには、必ずESL(英語を母国語としない第一言語としての英語)を設けています。

ボーディングスクールの数は、極めて少なく、私立校間のレベルの格差は、それほどありません。加えて、ボーディングスクールの質は、アメリカやイギリスと比べても引けをとらないほど上質です。留学生を受入れている学校にはESLを受ける留学生のための英語クラスを設置しているところもありますので、 英語が十分でない学生も入学できます。乗馬のプログラムに力を入れている学校や、カナダで最もポピュラーなスポーツ、アイスホッケーの特別プログラムを設けいている学校もあります。

ボーディングスクール(私立校)
  • 寮が閉鎖される際の滞在先を確保する必要があります。ホームステイを手配する学校もあります。
  • 入学に際し、カストディアン(後見人)が必要ですが、校長がその役目を果たす学校が多数です。(一部、例外もあります)
  • 学校生活では、学習だけでなくスポーツや寮毎の活動、コミュニティー活動等への参加が奨励され、リーダーシップを含め様々な能力を発揮する機会が設けられています。
  • アメリカと比較し寮制学校数が少なく、入学時に一定以上の英語力を必要とする学校が多いのが特長です。
公立校
  • ホームステイ先は学校を管轄する地域の留学生担当者が手配します。冬休み、夏休み以外は ホームステイ先に滞在することができます。
  • 私立寮制学校と比較し、入学時の学力、英語力審査は厳しくありませんが、入学後、授業について行くには、自主性と継続した努力が求められます。
システム

以下に代表的なカナダのシステムをご紹介します。(進学先・州によって異なります。)
卒業時には、卒業証書が授与されます。

  • 小学校6年間、中学校2年間、高校4年間
  • 小学校6年間、中学高校5年間(ケベック州の一つの例)
学年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4
  Elementary School Secondary School 4-year college
2-year college  
学期

新学期は8月下旬~9月上旬に始まり、2学期制です。
12月中旬頃(10月に感謝祭の休暇有り)が前期が終了します。後期は1月初旬~6月上旬までです。3月に春休みがあります。前期、又は後期の開始時期に入学が可能です。

入学時の注意点
ビザ取得

学生ビザ(就学期間が6ヶ月以上の場合に必要)は、カナダ大使館へ申請します。就学する州において未成年とみなされる場合、通常の書類に加え、後見人の宣誓書、及び保護者からの申請書、最終学校の成績証明書、及び出席の記録の提出が必要です。申請から取得まで、1~2ヶ月要します。

エディクムからのアドバイス

9月からの新学期に備え、6月~7月に始まるサマースクール、又は4月開始の語学研修に参加することをお奨めします。

カナダへの留学実績・体験談

エディクムの子供たちは、ボーディングスクール、サマースクール、公立校含め、さまざまな学校に留学していきました。以下に紹介していますので、ご覧ください。 » 実績を見る

エディクムには、7,000人以上のOB・OGがいます。
さらに詳しい留学中の生活につきましては、以下をご覧ください。 » 体験談

カナダの学校 費用例

ボーディングスクール(私立校)
学校名 Ridley College St. Michaels University School
授業料 $49,950 $52,670
入学金 $3,500 -
滞在費・食費 授業料に含む 授業料に含む
強制加入医療保険 $800 $800
ESL代 - $9,070
制服代 $1,000 $1,000
合計:現地費用合計 $54,750 $63,540
1ドル=82円(2012年11月現在) \4,489,500 \5,210,280
航空運賃(約) \210,000 \210,000
海外傷害保険12ヶ月(約) \150,000 \150,000
合計:1年間に必要な費用 \4,849,500 \5,570,280
公立校
学校名 Ottawa District
授業料 $11,000
滞在費 $8,250
強制加入医療保険 $600
制服代 -
合計:現地費用合計 $19,850
1ドル=82円(2012年11月現在) \1,627,700
航空運賃(約) \210,000
海外傷害保険12ヶ月(約) \150,000
合計:1年間に必要な費用 \1,987,700
 
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供たち一人一人と個別にコンサルティング
» コンサルティングの流れ
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
学校訪問することで学校と子供の適性を判断しよう
» 学校訪問同行サービス
一覧へ戻る
ページの先頭へ