海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 国で選ぶ » アメリカ

アメリカ

アメリカ学校情報:アメリカへの留学の特長やメリット、エディクムの考え方などご紹介します。

アメリカへの留学

広大な国土と多様性・選択幅の広さが魅力
広大な国土と多様性・選択肢の広さが魅力

中学生・高校生の留学の受け入れ先としては、イギリスと並んで最も歴史のある国と言えるのが、アメリカです。私立のボーディングスクールは、全国に約350校存在し、それぞれの学校が特色を持っています。公立校への留学は、学生ビザの発給が1年のみのため、1年間しか在学することができません。

アメリカ留学のメリット・留意点

メリット
  • 約350校のボーディングスクールから、自分にあった学校を探せる選択肢の広さ
  • 成績優秀者には、奨学金や飛び級、大学への単位持ち越しなど、目に見える形の結果が得られる
留意点
  • 気候や時差、英語のアクセントや人種の比率などの地域差による影響を考慮する

教育制度

特長
特長

小学校6年間、中学校2年間、高校4年間(州によって異なります。)と、日本と似ています。ESL(英語を母国語としない第一外言語としての英語)と呼ばれる留学生のための英語クラスを設置しているところが多くありますので、英語力が十分でない学生も入学できます。

ほとんどの寮制学校の場合、ガーディアン(現地保証人)は不要ですが、一部(西海岸等)必要な学校もありますので、注意が必要です。

学校生活では、学習だけでなくスポーツや寮毎の活動、コミュニティー活動等への参加が奨励されていて、リーダーシップを含め、様々な能力を発揮する機会が設けられています。

以下に代表的なアメリカの教育制度をご紹介します。(州によって異なります。)

  • 小学校6年間、中学校2年間、高校4年間
  • 小学校6年間、中学校3年間、高校3年間
学年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4
  Elementary School Middle School Upper School 4-year college
Elementary School Junior Bording School Upper School 2-year college  
学期

新学期は8月下旬~9月上旬に始まり、2学期、3学期、4学期制です(学校により異なります)。
2学期制の場合、前期は12月中旬頃まで(11月中旬~下旬に感謝祭休暇があります)、後期は1月上旬~5月末、又は6月上旬(途中、3月~4月に2週間ほどの春休みがあります)で一学年が終了します。

入学時の注意点
ビザ取得

学生ビザは、申請者のほぼ全員がアメリカ大使館(又は領事館)に出向き、面接を受けます。

エディクムからのアドバイス

9月(又は8月下旬)に始まる新学期に備え、6月~7月に始まるサマースクール、又は4月開始の語学研修に参加することをお勧めします。

アメリカへの留学実績・体験談

エディクムの子供たちは、ボーディングスクール、サマースクール、公立校含め、さまざまな学校に留学していきました。以下に紹介していますので、ご覧ください。 » 実績を見る

エディクムには、7,000人以上のOB・OGがいます。
さらに詳しい留学中の生活につきましては、以下をご覧ください。 » 体験談

ボーディングスクール(寮制私立学校)費用例

学校名 Cushing
Academy
Mercersburg
Academy
St.Croix Lutheran
High School
授業料・寮・食費 $59,750 $58,325 $35,200
ESL費 $9,000 - -
合計:1年間に必要な費用 $68,750 $58,325 $35,200
US$1=113円(2018年1月現在) \7,768,750 \6,590,725 \3,977,600

上記は一学年間の授業料・寮・食費の基本費用です。その他に航空券代、医療保険代、入学金、雑費(教科書、テクノロジー、アクティビティ費用等)預け金、小遣い、ビザ申請費、エディクムのサポート費用等が別途かかります。

 
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供たち一人一人と個別にコンサルティング
» コンサルティングの流れ
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
学校訪問することで学校と子供の適性を判断しよう
» 学校訪問同行サービス
一覧へ戻る
ページの先頭へ