海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 留学とは » 留学を「成功」させよう

留学を「成功」させよう

成功の価値観を共有する

成功の概念はひとそれぞれです。「卒業すること」「英語が上達すること」「希望の大学に合格すること」「世界中で友達をつくること」「一つのことを忍耐強く貫徹したこと」など数え挙げたらきりがありません。重要なのは、家族皆で「おめでとう」という喜びを共有できることです。子供たちの中には「自分は頑張っているのに保護者が認めてくれない」と嘆き、持っている力を十分に発揮できない人もいます。

小さな目標達成を積み重ねる

「単語を覚える」、「クラスで発言する」、「友達を増やす」など留学開始当初の小さな目標を一つ一つ達成することによって、1学年を終了する頃には、 学校の中で自分の存在感がアピールできるようになるでしょう。しかし、せっかく留学というチャンスをもらっても、限られた時間内、何をどれだけ習得するかは個人によって異なります。待ちの姿勢では何も新しい事は起こりません。

何事にも好奇心をもち、自分から積極的に人と関わることで、新しい発見や思いがけない出会いがあります。自分には苦手と思えることに挑戦しましょう。上級生になると、寮長やスポーツチームのキャプテン、生徒会役員などリーダーシップを取る役割に立候補することも自分を磨く良い経験です。生活に慣れてマンネリ化しないよう、2年目や3年目になっても小さな目標達成を積み重ね、自分の可能性を更に広げてください。その姿勢や習慣が大人になっても大いに役立ちます。

安全な環境で大人になるための準備

「小学生・中学生・高校生留学」の特徴は、留学生は未成年で子供として扱われるということです。安全を確保するために、学校のルールによって縛られ、大人の目の届く範囲で学校生活を送ることができるのは、保護者にとって一番の安心です。一方、大学生になってからの留学は、一人の大人として扱われるため、学生本人の成績やお金の管理、出欠席状況の情報など、個人情報にかかわるものは一切、日本にいる保護者には伝わりません。言い換えれば、子供が学校に行っているかどうかもわからない、というリスクがあります。

高校留学は、大人の管理下という安全な環境の中で教育を受けることができる最後のチャンス、また大人になるための準備期間です。高校時代に子供たちに一番身につけて欲しいのは、「自立」する力です。 責任感、忍耐力、創造力、異なる価値観を受け入れる寛容性、自己主張するスキル、そして友情や大人との人間関係を構築する経験も大切です。英語力や成績と違って、これらの力がどのくらい伸びたのかは、眼に見えるものではありませんが、子供たちの何気ない発言や振る舞いの中で進歩が見られたら、それは成功と言えるでしょう。成績や点数では計れない内面的な成長を感じた時、きっと我が子が頼もしく思えるはずです。

親子の信頼関係が盤石でないと、情緒不安定に陥り、
それが原因で学校生活に支障をきたしてしまうことがあります。
家族皆で、留学の目標や喜びを共有しましょう。

保護者の心得 子供が留学中こそ、保護者の立ち振る舞いが大切
子供が留学中こそ、保護者の立ち振る舞いが大切 » 保護者の心得
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供の本音を聞き出す
» エディクムの考えるコンサルティング
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
一覧へ戻る
ページの先頭へ