海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 留学とは » 留学を考える前に

留学を考える前に

10代の留学のパイオニアとして

1987年、私たちが「アメリカ高校留学」(ジャパンタイムズ)という本の出版を通し、ボーディングスクールの優れた教育を紹介した頃、 世の中はまだ「高校生の留学は早すぎる。危険だ。」という風潮でした。しかし、先進的な考えをもつご家族は周りの反対を押し切り、勇気と信念をもって中学、高校生の子供を留学させました。時が流れ、今では中学生どころか、小学生の留学に関心が集まる時代となりました。

未だ日本の教育現場では習得しづらい、「創造性」、「独創性」や「批判的に物事を考えられる力」そして「自分の考えを発表する力」を育む環境が海外にはあります。また、日本人だけでなく、世界規模で若い子供たちが留学する昨今、海外の学校の留学生受け入れ体制も進歩しています。留学の低年齢化現象から見えることは、もはや仕事だけでなく、教育やライフスタイルそのものを一人一人が世界規模で選択する、という価値の時代に入っているということです。

保護者が子供に残せる遺産は2つしかない。それはルーツと翼である

混沌とした未来を生きる子供たちに保護者は何が残せるのか?ものやお金など形あるものの価値が20年後に今と同じとは思えません。どんな世の中になっていても、自分の足でしっかり立ち、幸せに生きていける人間になってほしいと保護者は願います。10代は子供から大人へ成長する大切な時期です。親離れ・子離れをし、自立へ目覚める年齢です。留学で子供たちは不自由さや挫折感を味わい、苦労しながら問題解決力や交渉力をつけます。

また、価値観の違う人々と暮らことによって、人間関係を築く力をつけ、自分への自信を深めてゆきます。更に、異文化で生活するからこそ日本の良さや自分の家族への感謝の気持ちが芽生え、自分のルーツに対して誇りを感じるようになります。留学から帰国した子供たちは「怖いものがなくなった。私はどこででも生きていける」と何気なく言います。この力強いマインドが、生きる力であり、未来を切り開いてゆく大きな財産です。

教育プランをデザインするのは自分

留学を進路の選択肢の一つとして考えられる時代です。だからこそ、自分にあった教育、自分の可能性を最大限に引き出してくれる環境を探しましょう。「いつ?」「どこへ?」「目的は?」「予算は?」「卒業後の進路は?」を考え、十分な情報収集をし、家族で話し合いをしましょう。私たちはご家族が納得ゆくまでプランニングのお手伝いをいたします。

  • 無料で参加できるカウンセリングや説明会をご利用ください。
  • 海外の学校が来日するイベントに参加し、直接現地の様子を学んでください。
詳しくは、イベント&セミナーをご覧ください。

私たちは常に「10代の留学のパイオニア」として教育に熱心なご家族から学び、
海外の学校を開拓しながら40年間留学のサポートを続けてきました。

留学の大まかな流れ
留学の大まかな流れ
学校選びの重要性 自分にあった学校、自分の夢や目標が叶う学校を探す
自分にあった学校、自分の夢や目標が叶う学校を探す » 学校選びの重要性
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供の本音を聞き出す
» エディクムの考えるコンサルティング
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
一覧へ戻る
ページの先頭へ