海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 留学とは » 保護者の心得

保護者の心得

大海原を航海した船が、自分の港に戻る時のように

子供たちは日本にいるお父さんやお母さんの声を聞くことによって安堵感を得、エネルギーを蓄えます。自分の戻る場所が確認できるからこそ、安心してまた次の冒険に向かうことができるのです。保護者の役割は「安心」を与え、「信じているよ、大丈夫」と心から応援することです。

褒めて伸ばす

どんな小さなことでも褒めてあげてください。考えてみれば、言葉の通じない異国で毎日生活していること自体、立派なことなのです。果たして自分が子供の時にそんなことができたでしょうか?「凄いじゃない!」「頑張っているね」「それができたなら、次はこんなことができるのじゃない?」と賞賛しましょう。親であっても一人の人間として、子供の成長を心からリスペクト(尊重)する気持ちがストレートに子供に伝わります。

保護者が先回りしない、子供自らがヘルプを発信するよう促す

子供が困ったことに直面した時こそ、成長のチャンス。心配のあまり、保護者が先回りして先生に電話をしたり、解決方法を教えたりするといつまでも問題解決ができないままで終わってしまいます。「あなたの周りには誰がいるの?友達や先生やホストファミリーに、ヘルプを求め相談しなさい」とアドバイスしましょう。子供自らが行動を起こし、問題解決をし、知恵や自信を得る満足感を味わうために、保護者はじっと我慢です。

他人のせいにする習慣は悪循環しか生まない

世の中に決して100%自分の希望にかなう夢のような場所はありません。子供が留学先で困難に直面した時に「もっと良い条件の場所があるはずだ」「子供のせいでなく、周りの人や環境が悪い」、このようなアドバイスを子供に与え、「自分にあった学校探し」を続けていたらどうでしょうか?忍耐力や工夫して問題を解決していく、という建設的な思考ができない自分勝手な大人に成長してゆくでしょう。保護者は、子供の可能性や力を信じ、「あなたの人生はあなたが創る」と広い心をもって、子供の人生を後押ししてあげる人です。

子供の面倒をみてくれている人に感謝の気持ちを伝える

留学している我が子の周りには、先生や学校のスタッフ、ホストファミリー、友人などたくさんの人がいて、子供をサポートしています。現地の学校行事に参加し、直接会ってお礼を言うのが理想的ですが、それができない場合、簡単なメッセージでもよいので手紙やメールで、感謝の気持ちを伝えましょう。現地の人々にとって、「保護者の姿」が感じられることは安心材料であり、何かあった時でもスムースなコミュニケーションを取ることにつながります。

卒業までのフォローアップ 子供たちの本音に耳を傾けることが留学を成功に導く一つ
子供たちの本音に耳を傾けることが留学を成功に導く一つ » 卒業までのフォローアップ
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供の本音を聞き出す
» エディクムの考えるコンサルティング
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
一覧へ戻る
ページの先頭へ