海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 留学とは » 学校選びの重要性

学校選びの重要性

私費留学は交換留学と異なり、自分が学校を選ぶという自由があります。では、世界には数えきれないほど多くの学校があるなか、どのように選ぶのでしょうか?自分にあった学校、自分の夢や目標が叶う学校を探すために、考慮すべき点をご紹介します。

学校選びのチェックポイント

学力・英語力をチェック

各学校の学習面の難易度、提供されている科目のレベル、大学進学先などを知り、学習レベルで自分にあった学校を考えます。また、希望校へ合格するためには各校の入学時に必要な成績(日本の学校の成績)や英語力(TOEFL Jr. TOEFL, IELTS, SSAT他)の条件をあらかじめ知り、準備しましょう。

スポーツや芸術、アクティビティなどをチェック

自分の得意なスポーツや音楽、美術、ダンス、演劇などの課外活動は何ですか?新たに挑戦したい活動は何ですか?日本では学校内で参加しにくい乗馬、ゴルフ、セーリング、スキー、スノーボード、アイスホッケーなどのスポーツができる学校もあります。

学校の規模や雰囲気をチェック

私立学校か公立学校か?という違いに加え、学校のサイズも考える一つのポイントです。例えば、9年生~12年生の全校学生数が100名弱、という小規模な学校もあれば、小学校から高校まで一貫の総数2,000名以上というマンモス校もあります。自分の性格や適応性を考え、アットホームで面倒見の良い学校が適しているのか、あるいは科目や課外活動の種類が豊富な大規模校がよいのかを考えましょう。また、全校学生数の中で留学生が占める割合や、留学生のサポート体制、受け入れの歴史を見ることも大事です。

場所や環境をチェック

気候、都市や空港からのアクセス、学校のある町の産業や店の有無も調べましょう。特にホームステイ希望であれば、ホームステイ先からの通学手段も確認したい項目です。

予算をチェック

卒業まで複数年かかる長期留学では、現実的にご家族の予算が大切です。例えば大まかに1年間の授業料・滞在費・食費を比較すると

  • アメリカの私立寮制学校の場合、$53,000 (\6,400,000 - 1$ = \120)
  • スイスの私立寮制学校の場合、SFR.100,000 (\12,000,000 - 1SFR = \120)
  • ニュージーランドで公立学校に通い、ホームステイをする場合、NZ$25,000 (\2,400,000 - 1NZ$ = \95)

と国によって大きく費用が異なります。予算の枠組みを行ない、「国選び」や「私立または公立学校」の選択を絞ってゆきます。

各国の費用は、“国で選ぶ”コンテンツ内に代表校の例を掲載しております。ご覧ください。

エディクムの学校選びの特長

IECAのメンバーとして、海外の教育機関から一切の紹介料を受け取りません。
それはお客様にとって最良の学校をご紹介するためです。

エディクムは、長年の実績をもとに
TABSまたSwiss Learningの認定エージェントとして各学校との深いつながりと信頼関係を築いています。
インターネットだけではわからない学校情報をカウンセリングでお話しします。

合格するための準備 ワンランク上の学校を目指して早目の準備を
ワンランク上の学校を目指して早目の準備を » 合格するための準備
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供の本音を聞き出す
» エディクムの考えるコンサルティング
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
一覧へ戻る
ページの先頭へ