海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 留学とは » 学校訪問と面接

学校訪問と面接

なぜ面接が必要?

ボーディングスクールでは審査条件の一つとしてインタビュー(面接)が必須です。その理由として、各学校には個性があり「こんな学生に来てほしい」という期待がそれぞれ異なります。わずか一人の学生が、 学校というコミュニティの安全や個性を変える原動力となるため、互いの「お見合い」を大切にしています。

インタビューの方法は現地学校訪問、日本での面接、スカイプや電話とさまざまですが、実際に学校を訪れ、見学することをお勧めします。遠く離れた日本から出向いている情熱、書類や点数ではわからない学生本人の個性や魅力を伝えることができます。複数校を見学することで、インターネットではわからない在校生や先生の雰囲気を感じ、他の学校と比較検討することができます。

学校訪問同行サービス

学校訪問時には、学生本人だけでなく保護者のインタビューもあります。英語に自信がない、学校訪問の機会を最大限に生かしたい、という方にはご希望に応じてコンサルタントが同行します。学校とのアポイントメント取り、スケジュール作成、面接時の通訳等、ご家族と一緒に学校を回ります。それ以外に、入学時の同行サービス、また入学後の保護者会(Parents Weekend)の同行サービスも承ります。

こちらのサービスにつきましては、“学校訪問同行サービス”に詳しく記載しております。ご覧ください。

日本での面接も可能

一年を通して数多くの学校がエディクムを訪問し、説明会やインタビューを実施しています。現地訪問ができない場合、あるいは受験するかどうかを決めたい方はどうぞご利用ください。特定の学校についてじっくり話を聞き、質疑応答できる良い機会です。

来日した学校一例

Stevenson School(アメリカ)
Mercersburg Academy(アメリカ)
Cushing Academy(アメリカ)
Saint Andrew's School (アメリカ)
Northfield Mount Hermon School(アメリカ)
The Williston Northampton School(アメリカ)
Wyoming Seminary(アメリカ)
TASIS(スイス)
Institut Le Rosey(スイス)
Aiglon College(スイス)
Appleby College(カナダ)
Lakefield College School(カナダ)
St. Michaels University School(カナダ)
TASIS ENGLAND(イギリス)
Columba College(ニュージーランド)
St Peter's School. Cambridge(ニュージーランド)
など

ボーディングスクールのインタビューをする際は、実際に現地の学校を訪問し、見学することをお勧めします。

留学を成功させよう 家族皆で「おめでとう」という喜びを共有できることが成功のひとつ
家族皆で「おめでとう」という喜びを共有できることが成功のひとつ » 留学を成功させよう
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供の本音を聞き出す
» エディクムの考えるコンサルティング
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
一覧へ戻る
ページの先頭へ