海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 目的で選ぶ » ボーディングスクール

ボーディングスクール

ボーディングスクールの特長やメリット、エディクムの考え方などご紹介します。

ボーディングスクールとは?

ボーディングスクールとは?

ボーディングスクールとは、寮の施設を持ち、学生を24時間体制でサポートする学校の総称です。一部の全寮制を除き、約50%~85%の学生が寮生としてキャンパス内で生活をしています。文武両道に秀でた次世代の社会のリーダーとなる人物の育成に力を注いでいるのが大きな特徴です。世界中から集まった学生はそれぞれの文化や考え方を持ち合いながら寮で共同生活し、学習、スポーツ、芸術のほか、地域社会のボランティア活動などさまざまな経験を積みます。教師も大半は寮やキャンパス内に暮らし、放課後も学生の生活をサポートしています。 小学生から受け入れ可能な学校や、中高一貫の6年制、中3から高3までの4年制などがあります。

その中でも大学進学に定評がある学校をプレップスクール/College Preparatory Schoolと呼んでいます。プレップスクール以外にSmall Boarding School(スモールボーディングスクール)、Military School(ミリタリースクール)、Church School(ミッション系スクール)、Single Sex School(男子校/女子校)、Art School (芸術系学校)、Junior Boarding School(ジュニアボーディングスクール)、IB Program School(国際バカロレア教育を持つ学校)などボーディングスクールには特徴的で個性的な学校が多く、学生のニーズに合わせた学校選択を可能にしています。

ボーディングスクールで学ぶことのメリット

海外のボーディングスクールで学ぶことのメリットはどんなことでしょうか?

  1. 英語で行われる授業を理解し、自分の意見を明確に英語で発言することができ実践的な英語力を身につけることができる
  2. 1クラス平均12名程度の少人数制授業。教科担当の先生が一人一人の学習習熟度を把握することができ、学生は的確なアドバイスや指導を受けることができる。また学生の生活面や成績を包括的に把握し学生の相談役を担うアドバイザー(Advisor)からのサポートを受けることができる
  3. 規律正しい寮生活を通し、時間管理・自己管理・自己責任を自然と身につけることができる
  4. 多様な背景・文化・考え方を持つ学生との日常的な交流の中で、異文化に対する興味や理解が深まる。その結果「違い/Difference」を受け入れる力が身につき、世界的な視点から日本について考えることができるようになる
  5. 高校や大学進学のための勉強だけでなく、リーダーシップ活動・奉仕活動・スポーツ・芸術/文化活動など多岐にわたる活動に参加する機会が与えられ、自分の興味関心を追及することや新しい才能や能力を発見するチャンスがある。生活・勉強・スポーツ・芸術活動・課外活動に必要な設備や施設はほぼすべて学校キャンパス内にあり、移動時間が不要なので時間を最大限有効に使うことができる。
  6. 学生寮には複数の教職員またその家族が学生とともに共同生活し、24時間体制で学生の生活面をサポートしている。多くの教職員は学校キャンパス内にある教職員用住宅で生活し、学生の学習面をサポートしている。セキュリティースタッフも常駐し安全面も確保されている。学生が安心して学生生活に集中することができる環境が整っている。

ボーディングスクールでは「Well Rounded Person」が良い学生として高い評価を受けます。「Well Rounded Person」とは学業成績が優秀であることはもちろんのこと、スポーツ、音楽、美術、ボランティア活動などに自主的に参加し、そのいずれにおいても最大限の努力をし、リーダーシップを発揮することのできる学生を指します。

ボーディングスクールの選び方

ボーディングスクールもそれぞれに特徴や個性があります。子供の性格、英語力、学力、留学の目標、将来の夢などを考慮し、最も子供にあうベストマッチな学校を選びましょう。名門校や難関校と評価されている学校が常に子供に最も適した学校とは限りません。

学校を選ぶ時の10のポイント
  1. 国(地域)
  2. 全校学生数
  3. 寮生と通学生の比率
  4. 留学生の数(突出して人数の多い国籍の有無)
  5. 英語研修(ESL)の有無およびそのレベル
  6. 年間費用
  7. 課外活動
  8. 設備
  9. カリキュラム(2学期制/3学期制、週5日制か6日制か、APコースの数、科目数など)
  10. 卒業後の進学実績
ボーディングスクールの種類
  • プレップスクール/College Preparatory School
    卒業後の大学進学に重点を置き大学進学用のカリキュラムやプログラムを持っている。大学進学カウンセリング/College Counselingも充実し、専門のカウンセラーが学生の大学進学をサポートする。卒業後の大学進学率はほぼ100%。プレップスクールには特に大学進学実績が優秀な学校群がある。
  • The Ten Schools(10スクールズ)アメリカ
    100年以上の歴史と伝統をもち、学業及び社会的に貢献できる人物を数多く輩出している名門難関私立校。卒業生の多くが、ハーバード大学をはじめとするアイビーリーグ、または全米トップクラスの大学へ進学する。
    Philips Academy Andover, Philips Exeter Academy, Choate Rosemary Hall, Deerfield Academy, The Loomis Chaffee School, The Hill School, The Hotchkiss School, The Lawrenceville School, St. Paul's School, The Taft School
  • Strong Prep School (ストロングプレップスクール)
    The Ten Schoolsの次に位置づけされる中堅クラスの学校。ほぼ全員が大学に進学する。ストロングプレップからもアイビーリーグやレベルの高い大学へ進学している。
  • Small Boarding School (スモールボーディングスクール)
    在籍学生数が200名以下の学校。Strong Prep Schoolと比較し、個人へのサポート体制がよりきめ細やかである。
    大きな特徴としてESLが充実している学校が多く、またアットホームな生活環境を提供する。
  • Military School(ミリタリースクール)
    アメリカの退役した軍人などによって運営されている学校。軍隊式の規則正しい生活を提供する。部屋の整理整頓・食事の際のマナーなど徹底して訓練される。高校卒業資格は通常のボーディングスクールと同様に学生は大学に進学をする。リーダーシップ教育を重視している。
  • Church School(ミッション系スクール)
    学校のカリキュラムの中に、宗教(聖書)の学習を必須科目として定めている学校。特定の宗派によって運営されている場合が多い。入学志願者の宗派は問わないが、礼拝への出席を義務付けていることもある。教会などからの支援を受けることでプレップスクールなどのボーディングスクールに比べ年間費用が少ない学校もある。
  • Single Sex School(男子校/女子校)
    男子校と女子校に分かれている学校。中には、小学部まで通学制学校で共学のところがある。特徴として、男子校はスポーツの種類やチームが多く強豪校の場合が多い。女子校はダンス、音楽、美術、乗馬のプログラムに力を入れている学校が多い。また、それぞれの性別に適した教育方法を取り入れていることも特徴のひとつである。
  • Art School (芸術系学校)
    より多く美術や音楽、演劇、ダンスなどの勉強ができる学校。学校により芸術の得意分野が異なる。多くの学生が、卒業後に芸術大学へ進学する。学校によっては、出願時にオーディションを受けなければならない。
  • Junior Boarding School(ジュニアボーディングスクール)
    9年生までを受け入れている学校。低年齢向けの教育を提供しているThe Ten Schoolsやストロングプレップスクールの準備校として創設された学校が多い。高校入学時にはネイティブと同等の実践的英語力を習得している学生も少なくない。留学生は5年生もしくは6年生から入学が認められている学校が多い。
  • IB Program School(国際バカロレア課程認定校)
    IB(インターナショナルバカロレア)資格と呼ばれる、個々の国独自の教育制度に依存しない大学入学資格が取得可能なプログラムを提供する学校。世界の著名な大学を含め、122カ国以上で認定されており、中等教育の最後の2年間に、卒業論文を含む6種類の選択科目を学び、試験を受ける。ここ数年、IB資格が取得可能な学校は増加傾向にある。

エディクムは、以下のことを大切に考え、学校選定のお手伝いをします。

  • 知名度だけではなく、子供たちに合った学校選び
  • 留学する目的や将来の夢を共有し、実現する事ができる学校選び

ボーディングスクールへの留学は、エディクムが設立当初から力を入れて開拓し、多くの学校を日本に紹介してきました。2003年、世界のボーディングスクール約300校が加盟するTABS(The Association of Boarding Schools)より、顧客へのサービスとボーディングスクールへの貢献が認められ、日本で唯一表彰を受けています。

関連コンテンツ
世界から認められているコンサルティング
» 世界からの評価・認定

ボーディングスクールでの生活

寮生活
寮生活

ボーディングスクールは学生が安心して安全に学生生活を送れるよう多くの規則があります。その規則の大前提が「規則正しい生活習慣を身につけること」です。起床時間、授業開始/終了時間、食事の時間、放課後のスポーツ、アクティビティへの参加、夜のStudy Hall(勉強時間)、そして消灯時間に至るまで毎日のスケジュールは細かく時間単位で決まっています。

世界中の学生が一つ屋根の下で、そしてルームメイトとして共同生活をする寮にも多くの規則が設けられています。安心で安全な寮生活を確保し提供することで、規則正しい生活習慣を身につけ、世界中から異なる文化や考え方を持ち合った学生が日常的に交流することができます。寮がクラスルームとは違う学生同士の「学びの場」としての役割を担うのです。それがボーディングスクールの寮生活です。

寮生活の例

完全週休2日制の学校:月曜日から金曜日までのスケジュール

06:00-07:15 起床/ベットメイキング/シャワー/登校準備
07:15-08:00 カフェテリア(食堂)で朝食
08:00-11:45 授業
11:45-12:30 昼食
12:30-15:00 授業
15:00-16:00 各教科の先生に質問&補習を受ける 時間
16:00-18:00 スポーツ/課外活動
18:15-19:00 夕食
19:30-21:50 Study Hall(寮内での自習時間)
21:50-22:30 自由時間
23:00 消灯

土曜日&日曜日のスケジュール
学校は休みです。週末は所属するスポーツの試合が行われ、その他のアクティビティーが開催されます。寮生のために、小旅行やショッピングツアーが計画されることもあります。それらのアクティビティーには参加せず、ゆっくり休んだり、勉強時間にすることもできます。

サポート環境

ボーディングスクール留学中のエディクムの詳しいサポートにつきましては、以下をご覧ください。

生活のサポート

教職員の75% ~ 90%が学校の敷地内に住んでおり、放課後、夜の自習時間中、週末の自由時間など、先生に直接質問することができます。

進学のサポート

全ての学生が第1志望に合格進学することはありませんが、学校は「Best School for Each Student(一人一人にとっての最良の学校)」を叶えることができるように徹底した進学サポートを学生に提供します。

学校には、進学カウンセラーがおり、彼らは学生の進路相談や受験準備(面接練習、願書作成/願書作文の作成&添削など)だけでなく、卒業生が進学した学校とのネットワーク作り、次のステップへの説明会やQ & Aを開催する手配など、進学に関わる全てのことを行います。

ボーディングスクールへの留学実績・体験談

エディクムの子供たちは、ボーディングスクール、サマースクール、公立校含め、さまざまな学校に留学していきました。以下に紹介していますので、ご覧ください。 » 実績を見る

エディクムには、7,000人以上のOB・OGがいます。
さらに詳しい留学中の生活につきましては、以下をご覧ください。 » 体験談

 
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供たち一人一人と個別にコンサルティング
» コンサルティングの流れ
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
学校訪問することで学校と子供の適性を判断しよう
» 学校訪問同行サービス
一覧へ戻る
ページの先頭へ