海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » 目的で選ぶ » 公立校

公立校

公立校は、海外の地元の子供たちが通う学校です。公立校の特長やメリット、エディクムの考え方などをご紹介します。

海外の公立校とは?

海外の公立校とは?

エディクムでは、以下の国々の公立校留学をサポートしています。

  • カナダ
  • ニュージーランド
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • オーストラリア

国や地域によって、受け入れ可能年齢が異なります。入学は決して難しくありませんが、私立より劣るということは特にありません。卒業後は地元の子供たちと同じ扱いになるので、例えばカナダでは大学進学のための必須教科を履修していなかったり、単位が取れていなかったりすると、大学受験ができなくなるので注意が必要です。また、学校から大学進学のための積極的なサポートは望めませんので、自主的に学習し自らが率先して行動できる学生にお勧めします。

入学時期は北米が新学期を迎える9月頃、ニュージーランド、オーストラリアは2月頃です。オセアニアでは学期毎に入学できるところや半年、1年などの留学を受け入れている所もありますので、ご相談ください。なお、現地ガーディアン(現地保証人)が必要な場合もあります。通常、ガーディアン費用は別途かかります。

公立校に通うことのメリット

  1. 学校だけでなく、家庭で使う実践的な英語が身に付く
  2. ホームステイによる現地家族とのつながりを持つことができる
  3. 地域と密着した生活ため、その国の習慣や文化を肌で感じられる
  4. 自主性、自立性をより多く求められるので自ら考え行動する力が伸びる
  5. より多様性の高い学生が集まっている
  6. ほとんどの私立校よりも授業料が安い

公立校での生活

ホームステイ
ホームステイ

ほとんどの公立校には寮がないため、ホームステイ滞在となります。ホームステイ先は、学校や地域、関連団体などが募集した家庭の中から選ばれます。できる限り学生の興味や希望に基づいて手配されますが、必ずしも全ての条件が満たされるわけではありませんのでご留意下さい。

ホームステイのメリットは、なんといっても第二の家庭ができることです。文化も習慣も違う国で、言葉も不自由な時からお世話になったホームステイ先は、実の家族と同じ位自分のことを理解してくれる存在になり得ます。しかし、「お客様」ではなく、家族の一員として過ごす以上、その家庭のルールや決まりごとを守り、共同生活を円滑に過ごすための努力をしなければなりません。

ホームステイ先のルールの例
  • 食事の時間
  • シャワーを浴びる時間
  • 門限
  • インターネットを使える時間
  • 家庭の中での役割分担
サポート環境

公立校留学中のエディクムの詳しいサポートにつきましては、以下をご覧下さい。

生活サポート

留学先によって形態は異なりますが、ほとんどの場合、留学生のサポート担当者やホームステイ手配担当者が学校内、あるいは学区内において、さまざまなサポートを提供しています。

公立校への留学実績・体験談

エディクムの子供たちは、ボーディングスクール、サマースクール、公立校含め、さまざまな学校に留学していきました。以下に紹介していますので、ご覧ください。 » 実績を見る

エディクムには、7,000人以上のOB・OGがいます。
さらに詳しい留学中の生活につきましては、以下をご覧ください。 » 体験談

 
関連コンテンツ
「子供を自立させること」が、私たちの究極の目標
» エディクムのミッション(使命)
40年以上の歴史、7,000人以上の子供たち
» 選ばれる10の理由
学生たちの「自立」と「成長」の証
» 実績
子供たち一人一人と個別にコンサルティング
» コンサルティングの流れ
子供の「成長」を支える充実したサポート
» サポートの種類
学校訪問することで学校と子供の適性を判断しよう
» 学校訪問同行サービス
一覧へ戻る
ページの先頭へ