エディクムBLOG

ケンツ・ヒル・スクールの9年生、1年目にして色々あります!

アメリカの最東北部に位置するメイン州は、別名Down Eastと称されることがありますが、

この語源はボストンからメイン州東部の港に船で向かうときに、風が後ろから吹き、

風下に向かって進んだことから、そう呼ばれるのだそうです。(引用:アルク英辞郎 on the WEB

 

そのメイン州のほぼ中ほどに位置するKents Hill School(以下、ケンツ・ヒル)に昨年9月から

Freshman9年生)として入学しましたC.I君がオフィスを訪問くださいました。

感謝祭、冬休み、そして今回の春休みと、「こんにちは!!」といつも元気に登場するC.I君。

体育会系の男の子らしく、常に受け答えがハキハキとしていて、とても気持ちがいいです。

思えば今から1年以上前、受験の時からC.I君を見てきましたが、ビシビシとした批判を真摯に受け止め、

くよくよと悩むこともなく、如何なる状況をも受け入れて、常に前向きに(ポジティブすぎること多々ありますが)、

そして大人への尊敬を忘れることはありませんでした。

 

こうした姿勢がケンツ・ヒル入学直後からすぐに周囲に認められたのでしょうか、

授業で四苦八苦していても、先生方が手を差し伸べてくださり、秋学期は目を覆う成績だった科目が、

冬学期に入ってからは努力の甲斐もあって、ずいぶんと上に持ち上げてきました!

 

留学1年目というのに急性虫垂炎で緊急手術をしたにもかかわらず、日本へ報告することもなく、

我々が知ったのは、保健室で寝ていた時です。「痛いです!」と、でも明るいC.I君。きっと将来、大物になります!

 

初スノボを楽しむC.I君。1年目にして地元の大会に出場したそうですが、順位はヒミツ

 


知る・触れる・イベント情報

エディクム主催のイベントや関連イベントをご紹介いたします。

教育を考えるとき、ぜひ一度ご相談ください

留学する・しないを含め、まず一度ご相談ください。
最適な方法を一緒に考え、探しましょう。

大切な子どもに残してあげられることは何でしょうか。たとえお金や物がなくなったとしても、教育を受けたことによる目に見えない「経験」は、貴重な財産としてその子の人生を豊かに彩る礎となるに違いありません。
グローバル時代と言われて久しい昨今、子どもの教育・経験を考える時に「海外留学」も選択肢のひとつとして当たり前になってきました。少なくとも、子どもがそれを望んだ場合には、保護者は耳を傾け、機会を与えてあげてほしいと願います。

エディクムは「世界のどこに行っても活躍できる人になってほしい」と願いながら、45年の間に7,500人以上のお子さんの海外留学をサポートしてきました。その実績に基づきながら、1人ひとりに丁寧なカウンセリングを行います。気持ちが固まっていなくてもかまいません。あなたの留学への思いを聞かせてください。

資料請求・カウンセリング予約・その他お問い合わせ

エディクムまでのアクセス

  • 〒150-0001
  • 東京都渋谷区神宮前1-10-23 フォンテーヌ原宿ビル
  • 【TEL】03-3408-2901
  • 【FAX】03-3478-4350
  • 【営業時間】10:00 ~ 17:30 (月~土/祝日及び第一・三土曜を除く)