エディクムBLOG

フィリップス・エクセター・アカデミーの学生が立ち寄ってくださいました!

北半球の多くの学校で春休みに入りました。

2月下旬から先週末にかけて多くの学生が一時帰国し、エディクムオフィスへ立ち寄ってくれています。

毎年この時期は大変賑やかで、また一層春の嬉しい訪れを感じさせてくれますね。

 

去る土曜日は、アメリカのザ・テンスクールズのひとつ、Phillips Exeter Academy(以下、エクセター)に

10年生として在籍中のH.Mさんがオフィスを訪問くださいました。

久し振りに会うH.Mさん、まだエクセター1年目というにも関わらず、学業やスポーツの傍ら、

学内の様々なクラブや交流会に積極的に参加をし、交友関係を広げ、日々満喫している様子です。

中学時代と比べてエクセターの授業は大変だそうで、例えば数学の授業で、ひとつのお題が与えられると、

学生たちは無限の可能性を見出し、見たこともないような、しかし正確・適格・理に適った解答を共有し、

数学であろうと決して答えは一つではないと、学問的知的好奇心が刺激される授業が展開されるそうです。

なんとも話がユニバーサル過ぎて、私の理解の域を超越しております)

 

面白いのは、エクセターでは各学期ごとに授業の担当教師が変わるということです。

1年を通して同じ科目を取るわけですが、秋・冬・春と、教師がローテーションするため、

年間でかかわる先生が相当数いることになります。

人間ですので、どうしても相性の良い先生、苦手な先生等、出てくると思います。

そうした面で、教師と生徒の関係の公平性が保たれる、素晴らしいシステムだと感じました。

 

本日311日はアメリカのボーディングスクールの合格発表の翌日です。

ぞくぞくと嬉しいお知らせが舞い込んできております!

 

 


知る・触れる・イベント情報

エディクム主催のイベントや関連イベントをご紹介いたします。

教育を考えるとき、ぜひ一度ご相談ください

留学する・しないを含め、まず一度ご相談ください。
最適な方法を一緒に考え、探しましょう。

大切な子どもに残してあげられることは何でしょうか。たとえお金や物がなくなったとしても、教育を受けたことによる目に見えない「経験」は、貴重な財産としてその子の人生を豊かに彩る礎となるに違いありません。
グローバル時代と言われて久しい昨今、子どもの教育・経験を考える時に「海外留学」も選択肢のひとつとして当たり前になってきました。少なくとも、子どもがそれを望んだ場合には、保護者は耳を傾け、機会を与えてあげてほしいと願います。

エディクムは「世界のどこに行っても活躍できる人になってほしい」と願いながら、45年の間に7,500人以上のお子さんの海外留学をサポートしてきました。その実績に基づきながら、1人ひとりに丁寧なカウンセリングを行います。気持ちが固まっていなくてもかまいません。あなたの留学への思いを聞かせてください。

資料請求・カウンセリング予約・その他お問い合わせ

エディクムまでのアクセス

  • 〒150-0001
  • 東京都渋谷区神宮前1-10-23 フォンテーヌ原宿ビル
  • 【TEL】03-3408-2901
  • 【FAX】03-3478-4350
  • 【営業時間】10:00 ~ 17:30 (月~土/祝日及び第一・三土曜を除く)