エディクムBLOG

ようこそニュージーランドから冬のニッポンへ!~スピコン優勝者の日本高校訪問~

9月にニュージーランドのティマル市で行われたスピーチコンテストの優勝者、DavidAnne128日(金)に来日しました!

飛行機の到着がかなり遅れ、エディクム・ファミリーでホームステイ先としてお世話になるO邸への到着はほぼ深夜。

そんな中でもO家の皆様、笑顔で温かく迎えてくださいました。

 

翌日からの土・日はエディクムOBOGのエスコートの下、原宿~渋谷界隈、秋葉原、「はとバス観光」等を楽しみました。

Anneは原宿の猫カフェと浅草が、Davidはハリネズミカフェが大変面白く興味深かったそうです。

Davidはどうしても行きたかったという渋谷のスクランブル交差点へ行き、4回も横断したとか。念願の秋葉原も制覇です。

 

11日(月)はエディクムのオフィスへ立ち寄って皆で再会を喜び合い、その後は弊社スタッフと共にニュージーランド大使館へご挨拶、

そして特急あずさへ乗り込み山梨県甲府市へ向けて出発!

 

今週は5日間、駿台甲府高等学校で日本文化と交換留学体験です。

富士の山を眺めながら、二人はどんな学生生活を過ごし、ホームステイ先との交流を楽しまれているのかな。

 

東京の3日間お世話になりましたO家の皆様、そしてOBOGS君、Hさん、Mさんのホスピタリティに感謝いたします。

本当にありがとうございました!

 

ハリネズミを一心不乱に激写中のDavid

 

駅弁のチョイスが気になります

 


知る・触れる・イベント情報

エディクム主催のイベントや関連イベントをご紹介いたします。

教育を考えるとき、ぜひ一度ご相談ください

留学する・しないを含め、まず一度ご相談ください。
最適な方法を一緒に考え、探しましょう。

大切な子どもに残してあげられることは何でしょうか。たとえお金や物がなくなったとしても、教育を受けたことによる目に見えない「経験」は、貴重な財産としてその子の人生を豊かに彩る礎となるに違いありません。
グローバル時代と言われて久しい昨今、子どもの教育・経験を考える時に「海外留学」も選択肢のひとつとして当たり前になってきました。少なくとも、子どもがそれを望んだ場合には、保護者は耳を傾け、機会を与えてあげてほしいと願います。

エディクムは「世界のどこに行っても活躍できる人になってほしい」と願いながら、45年の間に7,500人以上のお子さんの海外留学をサポートしてきました。その実績に基づきながら、1人ひとりに丁寧なカウンセリングを行います。気持ちが固まっていなくてもかまいません。あなたの留学への思いを聞かせてください。

資料請求・カウンセリング予約・その他お問い合わせ

エディクムまでのアクセス

  • 〒150-0001
  • 東京都渋谷区神宮前1-10-23 フォンテーヌ原宿ビル
  • 【TEL】03-3408-2901
  • 【FAX】03-3478-4350
  • 【営業時間】10:00 ~ 17:30 (月~土/祝日及び第一・三土曜を除く)