海外留学ならエディクム  - ボーディングスクール

トップページ » エディクムBLOG一覧 » 大学入試、英語の共通テストが導入される業者が決定

エディクムBLOG

大学入試、英語の共通テストが導入される業者が決定

2018.03.30 staff

今週の気になったニュース。6日に大学入試センターから発表された

2021年度から始まる英語の共通テストの7事業者が決定した模様です。

 

ETSTOEFL

・ブリティッシュ・カウンシル(IELTS

IELTSオーストラリア(IELTS

・国際ビジネスコミュニケーション協会(TOEIC

・日本英語検定協会(英検、TEAP

・ケンブリッジ大学英語検定機構(ケンブリッジ英語検定)

・ベネッセ(GTEC

 

センター試験に変わりこれら民間の検定試験が導入されたことで、

これまでのリーディングやリスニング力に加え、受験生のスピーキングやライティング力が

測られるということになります。

 

しかし、各試験の難易度に差があったり、スピーキングの測定がコンピュータと人間の違いがあったり、

受験生の試験料の負担が増えることなど、公平性という点で問題点がまだまだあるようです。

国立大学では2024年まではセンター試験と検定試験の両方を求める流れになるようですね。

 

とても気になるニュース、これからも注視していきたいと思います。

 

 

 
一覧へ戻る
TEL:03-3408-2901 資料請求・お問い合わせ カウンセリング予約 イベント&セミナー
エディクムのご紹介

エディクムのご紹介

代表よりメッセージ コンサルタント紹介 選ばれる10の理由 会社概要 エディクムのミッション(使命) エディクム関連動画
ページの先頭へ